おすすめLGBTQ映画

【Netflixで観るLGBTQ映画】ホールディング・ザ・マン/君を胸に抱いて のあらすじと感想

 

今回、Netflixの映画のジャケット写真とあらすじで、単純な男性同士の恋愛ものだと思っていたら…💨

想像よりも深く重い内容の映画でした😅💦

 

パッと英語が出てくる瞬発力を磨くスマホ自主トレーニングアプリ【トーキングマラソン】まずは2週間無料でお試し!

 

 

ホールディング・ザ・マン 君を胸に抱いて (原題:Holding The Man)

 

同じ高校に通う2人の青年がお互い惹かれ合いながら、ゲイとして生きることの難しさを成長と共に乗り越えようとする、実話を基にしたオーストラリア映画。

 

 

- あらすじ

1970年代、カトリック系男子高に通う演劇部ティムは、ラグビー部の花形選手ジョンに好意を寄せます。

彼の懸命なアプローチにより、ジョンも次第にティムに惹かれていきます。

二人は友人や家族に隠れて付き合うようになるのですが、今のように同性愛に対しオープンではない時代。

肩身の狭い思いをしながらも、自分たちの気持ちに正直に生きようとします。

しかし、当時の同性愛に偏見をもたらす原因のひとつであった、エイズという問題が、2人の愛の力だけでは乗り越えられない試練を彼らに与えます。

 

 

- 感想 (ネタバレあり)

高校時代に出会い、大学→社会人になってもお互いを信頼し、愛し合っている2人の男性、ティムとジョンの姿が純粋です。(交際が途切れた際、ティムはゲイ的冒険を経験していたようですが…💨)

この映画の原作はティムによって書かれた実話なのですが、2人がどれだけ強い絆で結ばれていたかが、良く伝わります。

1970年代、同性愛=悪みたいな考えもあった時代に、お互いを想う気持ちに正直になれる強さ、尊敬します。

私だったらきっと挫折して偽りの人生送ってるな…😶💨

  

こちらが実際のティムとジョン。 二人ともイケメンです😊 

 

劇中での役者さんたちも実物に寄せてあるようで、結構似てます👆

しかし、高校生から30代まで同じ役者さんというのは、ちょっと無理があったかな💦

違和感ありすぎて、若干高校時代の話に感情移入できなかった…🤔

  

大学時代には、2人とも同性愛者の権利を守る活動をしているようですが、依然として家族の理解(特にジョンの家族)は得れてない所がリアルですね。

 

大学卒業後、ティムはメルボルンを離れシドニーにある国立演劇学校に行くため、一旦2人の関係を解消するのですが、すぐに元サヤに戻ります。

離れてみて初めて大切な存在に気づく時ってありますよね👆 私の場合、日本を離れてみて日本の良さをいっぱい発見しますし😊

 

話は逸れましたが💦

 

色んな経験を経て、せっかく2人が残りの人生を共に生きようとしていた時に、まさかのエイズ陽性…

 

ティムが、ジョンにエイズをうつしたのは自分だと知った時の悲しみは、ぶつけようがないですよね。

ジョンの体はどんどん病にむしばまれ、ティムはそばに居る事しかできません。 

私はパートナーとして、あんな気丈に立ち振る舞えるのかな…💨 辛すぎます💦

 

実際のティムとジョン。おそらく闘病中の写真

 

この映画で、改めてパートナーとの今後や家族との繋がりを考えさせられました。

ジョンの父親がとにかく酷いやつで…💨 でも母親はやっぱり母親です。ティムと2人で協力し、ジョンを最後まで支え続けます。

 

当人同士はお互いを想い合っているのに、それだけではうまくいかない現実…

 

同性愛カップルの権利が徐々に認められつつある今、想い合う2人が純粋に愛を貫くことに、ハードルがなくなることを願います。

 

ティム役のRyan Corrさん。オーストラリアの俳優さんです。

 

 

ジョン役のCraig Stottさん。同じくオーストラリアの俳優さんで、自身もゲイということを公言されているようです。

 

 

当時、エイズという病は=死だったので、重い内容を含むストーリーではありますが、2人の高校時代からの純粋な想いは、とても前向きな恋愛として描かれています。 

 

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

 

スポンサーリンク

© 2021 ニジブタ