アメリカで資産運用

【2020年9月】高金利のアメリカネット銀行のハイイールドセービングス口座 トップ6:High Yield Savings Account 

2020-09-22

 

現在、COVID-19による経済打撃のため、アメリカ政府がゼロ金利政策を実施しています。

そのため、2019年には最高で2%以上あったアメリカのネット銀行の金利は、現在はかなり下がって半分以下の1%ほどになっています💨

 

しかし 

それでもまだ、アメリカの銀行の普通口座に金利0.01%で預金するよりは、ネット銀行の金利がはるかに高いんです。

そこで今回は、金利が下がっていく中、2020年9月現在での高金利のネット銀行ランキングTOP6をご紹介したいと思います。

*アメリカネット銀行の高金利貯蓄口座については、こちらで詳しくご紹介しています。

 

 


世界のお金持ちが実践するお金の増やし方

 

 

【アメリカネット銀行】ハイイールドセービングス口座 高金利 トップ6:High Yield Savings Account

 

今回は、(FDIC)Federal Deposit Insurance Corporation;連邦預金保険公社に加盟しているアメリカのネット銀行に絞ってのランキングとなります。

まお
銀行がFDICメンバーであることにより、万が一金融機関が破綻した時でも、FDICが上限$250,000までの預金を補償することを約束しています。

 

***APYは2020年9月時のものですが、銀行によって随時変更される可能性があります。

第1位

SmartyPig Accounts by Sallie Mae Bank - *1.10%APY

 

◎口座開設時の最低入金額:なし
◎最低預金残高:0.01ドル
◎ATMカード:なし 

 

*1.10%APYの適用は0ドル~2,500ドルまでの預金額。以降2,500ドル ~ 10,000ドル:1.00%APY、10,000ドル~ 50,000ドル:0.80%APY、50,000ドル~:0.70%APY。

 

第2位

The Ascent Money Market Savings Account by Customers Bank - *1.10%APY

 

◎口座開設時の最低入金額:25,000ドル
◎最低預金残高:25,000ドル
◎ATMカード:なし

 

*1.10%APYは預金額25,000ドル以上に適用

第3位

Savings Account by Fitness Bank - *1.05%APY

◎口座開設時の最低入金額:100ドル
◎最低預金残高:100ドル
◎ATMカード:なし

*1.05%APYの適用はバンキングアプリを通して1日の歩数を計り、歩数が12,500 STEPS以上の場合。10,000 ~ 12,499 STEPS:0.95%APY、7,500~ 9,999 STEPS:0.85%APY、5,000~ 7,499 STEPS:0.75%APY、0-4,999 STEPS:0.50%APY。

 

第4位

Savings Account by Affirm - *1.00%APY

 

◎口座開設時の最低入金額:なし
◎最低預金残高:なし
◎ATMカード:なし

 

*1.00%APYはモバイルアプリのSavings口座に適用

第5位

Chime Savings Account by Chime - *1.00%APY

 

◎口座開設時の最低入金額:なし
◎最低預金残高:なし
◎ATMカード:なし

 

*1.00%APY適用には、Chime Spending Accountの開設が必要

第6位

Online Savings Account by First Foundation Bank - *1.00%APY

 

◎口座開設時の最低入金額:1,000ドル
◎最低預金残高:なし
◎ATMカード:あり(リクエストに応じて)

 

*1.00%APYは、預金額5,000,000ドルまでに適用。

 

まとめ 【アメリカネット銀行】高金利口座 TOP6:High Yield Savings Account

 

今回は、自分自身も気になっていたアメリカのネット銀行の、2020年9月時点での高金利貯蓄口座TOP6をランキングでご紹介しました。

 

実際に私もランキングで第6位のFirst Foundation Bankに預金をしています。 

 

COVID-19のために、半年でAPYは1.75%から1.00%にまで下がってしまいましたが、それでも現在持っている普通口座よりは良い率なので、このまま使い続けようと思っています。

 

アメリカ政府の金利政策は2022年までは続くというニュースもあり、まだまだ前年に比べると低い金利が続くと予想されますが、それでもまだ普通口座の金利よりも高いので、余剰金がある方は、塵も積もれば…です。

情報は随時変わる可能性がありますので、ご自身でもリサーチされてみてはいかがでしょうか。

 

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

 

スポンサーリンク

© 2021 ニジブタ