移住準備

【ハワイの運転免許証:日本で準備すること】英文の運転免許経歴証明書の申請・取得  

2020-04-17

 

今日は、ハワイ移住前に日本でやっておくべきことのひとつ、ハワイ州の運転免許証申請のための、日本語・英語の”運転免許経歴証明書”の申請・取得について紹介します。

ハワイに移住されるとき、運転される方もされない方も多くの方がハワイの運転免許証を申請されると思います(最も有効な身分証明にもなるため)。

その申請についてのルールが2018年12月20日から変更になり、ハワイ州では有効な日本の免許を保有する方が同州の自動車運転免許証を申請される場合、筆記試験及び実技試験が免除されるのです。なんてラッキ~♬

筆記試験及び実技試験を免除されるには、いくつかの書類を用意する必要あるのですが、その一つが”自動車運転免許証抜粋証明”です。これはホノルルの日本領事館で発行してもらう書類ですが、その書類発行のために必要な証明書が、渡米前に日本で準備しておくことをお勧めする、運転免許経歴証明書です。

 

こんな方におすすめのトピック

  • ハワイに移住予定で、現地の運転免許証申請を考えている方
  • ハワイ在住で、これから現地の運転免許証申請を考えている方
  • ハワイ在住ではないが、家や住所はあり、ハワイの運転免許証が欲しい方

 

旅工房

 

運転免許経歴証明書とは:ハワイ州で運転免許証を申請する前に

運転免許経歴証明書とは、自動車安全運転センターから発行される、過去に失効した免許、取り消された免許、または現在受けている免許の種類、取得年月日などについて、証明する書類。

申請方法

 

証明書申込用紙は都道府県によって異なりますが、警察署、交番、駐在所、自動車安全運転センターなどに備え付けてあります。

まお
私は田舎町の警察署に行きましたが、ちゃんと置いてありました。

これが申請書のサンプルです。

この申請用紙は他の証明書の申請も兼用しているので、間違いないように運転免許経歴証明書を選び、その中からさらに A失効 B取り消し C現有 を選びましょう。

ホノルル領事館では、運転免許経歴証明書の日本語と英語両方の証明書の提出が求められるので、⑥の通信欄には”英文希望”、また名前のスペルも記入しておきましょう。

1通の申請で、日本語と英語両方の証明書が送られてくるので、ちょっとお得な気もするような♪

1通につきの申請料は670円です。(*2020年4月現在)ゆうちょ銀行・郵便局の払込みにより申請する場合は、別途、払込料金が必要です。

直接自動車安全運転センター窓口で申請される方でも、即時交付は行われていないようなので、渡米前に最低2週間くらいは余裕をもって申請されることをお勧めします。

全国の自動車安全運転センター所在地はこちら

まお
ちなみに、十分な余裕をもって申請したいところですが、あまり余裕を持ちすぎてもいけないんです❕

それは、ホノルル領事館に提出する運転免許経歴証明書は、”発行日から3ヶ月以内”のものという条件があるから。

自動車安全運転センターの公式サイトには、申請から証明書が届くまで1~2週間と記載してあります。私の場合、申請してから10日ほどで届きました。

この期間や渡米時期を踏まえて、運転免許経歴証明書申請のタイミングを考慮されることをお勧めします。

 

これが日本語の運転免許経歴証明書サンプルです。英語版サンプルはないのですが、同じようにシンプルなものでした。

 

 

また、主に免許の自主返納をした方が申請される”運転経歴証明書”とは名前がカブってはいますが、全くの別もの!!!ですので、お間違えのないように☆

ちなみにこのようなものです。

 

代理人による申請手続き

基本証明書は本人の申請に基づいて発行されますが、渡米前に申請するの忘れた❕という方には、代理申請という方法もあります。

申請者本人から委任を受けた方が、委任状等を持って、事務所の窓口、または事業所などで代理申請ができるようです。

 

委任状サンプルはこちら

 

 

申請した証明書の交付

証明書は、郵便か、自動車安全運転センターで受け取れます。前述したように、私の場合は申請してから10日ほどでしたが、申請から証明書が届くまで1~2週間と公式ページには記載してあります。

また、証明書を受け取ったら、必ず表記されてある情報と運転免許証の情報に間違いがないかを確認しましょう。表記に相違があれば、ホノルル領事館で証明書が無効にされる場合があります。

 

安心のルックJTBや、お手頃価格が魅力のJTBお買得旅!

 

まとめ 運転免許経歴証明書の申請・取得

 

今回は、今後ハワイ州で運転免許証を取りたいとお考えの方たちに必要な、日本語・英語の運転免許経歴証明書の申請・取得についてご紹介しました。

これがないと、ホノルル領事館で自動車運転免許証抜粋証明が申請できない!=ハワイの運転免許申請時に筆記試験及び実技試験を免除してもらえない!

ということになってしまうので、渡米前に取得しておきましょう☆

 

*なお、ここで紹介した情報は、今後変更される可能性がありますので、申請前に(自動車安全運転センター)でご確認ください。

 

 

次回は、この取得した運転免許経歴証明書を使って、ホノルル領事館で自動車運転免許証抜粋証明をゲットするまでをご説明します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

スポンサーリンク

© 2021 ニジブタ