おすすめ情報 アメリカ生活・移住

【在米:ハワイ】DNA検査キット:23andMeをやってみた

2021-11-15

 

アメリカに移住する前から、ずっと気になっていた遺伝子検査が簡単に出来るキット、23andMe

日本在住ではこの検査が出来ないので、アメリカに移住したら絶対やろう🎵 と密かに企んでいました💡💡💡

 

そんな中、今月中はサンクスギビングセールで通常の半額の値段というメールが届いたので…

早速私とBeeの分2つをオーダー👆 

 

公式サイトで注文しようとしたのですが、以下の通り送料がかかるようだったので…💦

 

アマゾンPrimeで送料無料で注文しました。

注文してから3日ほどで到着🎵

検査自体は、容器に唾液を入れ、溶液と混ぜ合わせるだけの簡単なものでした👍👍👍

注意事項なども英語ですが、解りやすく説明されています。

 

検査は、いくつかのプランから選べます。

 

人気のある2つのプラン、Ancestry +Traits Service Health + Ancestry Service の比較は以下の通りです。

検査項目 Ancestry +Traits Service 79ドル Health + Ancestry Service 99ドル
検査項目数 80+ 150+
祖先の情報 ✔️ ✔️
家系図 ✔️ ✔️
親戚の追跡 ✔️ ✔️
身体的特徴・体質・好み ✔️ ✔️
病気の遺伝的可能性 - ✔️
特定の遺伝的症状の保因者 - ✔️
遺伝的な健康状態・生活習慣 - ✔️
家族の病歴チャート - ✔️

 

また、他には年会費9.99ドルを含むプラン 23andMe + Membership 99ドルがあり、以下のサービスが追加されています。

◎薬剤に対する遺伝的特徴、さらに強化された祖先+親戚のレポートなどを含む、検査項目数170+
◎将来新たに追加される項目の検査

 

私は、スタンダードな遺伝子的健康リスクを知っておきたかったので、 Health + Ancestry Service を選びました。

 

この検査では、以下の病気の可能性も知ることが出来るようです。

-遺伝性乳がん卵巣がん症候群
-遅発性アルツハイマー病
-NTLH1関連ポリポーシス
-パーキンソン病

 

ですが、上の病気には完治する治療法が確立されていないものもあり、知りたくない場合は結果から削除することもできるようです💡

 

私は、どんなリスクでも自分自身で知っておきたいし、Beeの80代の母親がちょっと認知症ぽい症状があるので、Beeの潜在的な可能性も知っておきたいな、と思ってます🧐

*もちろん、Bee本人に受けたいか確認してからオーダーしました👍

 

検査結果が出るまで、2~3週間かかるようですが、今からドキドキしてます…🙄💨💨💨

 

また、検査結果が届いたら、詳しく記録したいと思っています❕

 

ちなみに、日本でも出来る遺伝子検査があるみたいで、360項目が検査できるとか…

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

 

スポンサーリンク

© 2021 ニジブタ