おすすめ情報

DIY初心者🔰: 和室の砂壁をうぐいす色の水性ペイント(アサヒペン:和室壁用)で塗ってみた

 

以前から、築20年の和室の砂壁のカビが気になっていたので…💨 

今回、意を決して❕ 水性ペイントで塗ってしまえ~👍 っとなりました🙂

 

まお
6畳2間で結構な面積なので、決断までにちょっと時間がかかりました…💦

 

和室の砂壁を(アサヒペン:和室壁用うぐいす色)で塗る

 

今回、和室壁の塗装に用意した道具です👆 

 

ローラートレイ
はけ 大・小
スポンジローラー(シーラー用+塗装用)

マスカーテープ
ハサミ
養生テープ(写真なし)
和室壁用水性ペイント(アサヒペン NEW水性インテリアカラ-和室カベ 5L うぐいす色
壁用下地処理剤シーラー(アクドメール 4kg)

ゴム手袋・軍手

 

劣化した砂壁はこのように、カビ?シミ?が点在している状態でした…🤨💨

壁自体の色も薄いので、余計に目立ちます…💦

 

step
1
ほうきなどで壁表面のほこりを落とし、養生テープを貼る

 

壁のほこりを落とせるような適当なほうきがなかったので、DAISOでプラスチック毛のものを購入しました。

養生テープはかなりの量を使いました💦(24㎜ x18mを6本!) 

和室はかなり養生しなきゃいけない構造になってるんですね…😅💨

マスカーテープも使います。

 

まお
もし壁に傷やへこみなどがある場合は、この時にパテなどで壁を平らにする処理が必要になります。

 

step
2
壁用下地処理剤シーラーを塗る

 

前回のトイレの漆喰リフォームと同様、アクドメールという下地処理剤を使いました。

元の壁のアクやヤニが塗装後に染みてこないように、表面を固める役目があります。

この処理をすることによって、砂壁に水性ペイントが塗れやすくなるので、使い方に明記されているように、1度目は2倍に薄めて+2度目は原液を塗りしました。

今回、6畳2間の面積にはアクドメール4kgがビミョーに足りず…💨 追加で1kgを買いました。

完全に乾くように、1日以上置きました。

前回同様、安くはありませんが塗りやすくて良い商品だと思います🎵

 

 

下地処理剤、アクドメールを塗布後はこんな感じになります。

これだけでも汚れが落ち着いて、良い感じ…😁

 

step
3
アサヒペン 水性インテリアカラ-和室カベ用 うぐいす色を塗る

 

下地が完全に乾ききったら、壁にペイントを塗っていきます。

 

『初心者でも簡単に塗れて、一度塗りでOK!』との売り言葉を信じて購入したこのペイント。

私的には大正解でした😊

塗りムラも乾いたら全くないし、安心してスイスイ楽しく塗り進めることができました🎵 

 

 

 

仕上がり

 

 

 

 

6畳2間の壁全部+床の間まで全部塗り終えましたが、5Lのペイントは少し余りました。

塗った直後より乾いた後の方が色が濃くなった気がします。

結果的には、私が想像していた『うぐいす色』よりは、若干濃いめの緑のように感じますが…

落ち着いた色なので、満足しています😌

 

 

今回、6畳2間の壁で結構な面積だったので、ペイントが5Lで足りるかの不安があり…💨

1回目は下の段を2日間かけて仕上げ、ペイントが十分残っていたので、上の段をさらに2日間かけて仕上げることになりました。

 

2回に分けて作業したので、結果体の負担もそれほどなく、ストレスフリーなDIYとなりました🥰

 

実家でのDIYはこれで終了となりますが、今後ハワイに戻ってからも色んなDIYに挑戦したいと思います🎵

 

パートナーBeeからは、洗面所のシンクの流れが悪いから帰ってきたら直して!と言われるんですが…それDIYなのか???🙄🙄🙄(笑)

 

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

 

スポンサーリンク

© 2021 ニジブタ